FC2ブログ
女性の体を、お口で奉仕する事が大好きな男性の履歴と体験談プログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
舐め犬メイの愛撫の方法③
2012-07-29 Sun 10:16
女性によって、クリトリスの愛撫と膣への指入れを一緒にしてほしいとリクエストされるケースがあります。
まず、注意してほしい事は、人の指を膣に入れる行為は、爪で膣壁を傷つけてしまうリスクがある事を承知ください。
爪が伸びている時は、愛撫を中断してでも爪を切ってから、愛撫を再開してください。
膣に指を入れると、膣壁はツルツルしていますが、一般に言われているGスポット(恥骨裏の性感帯)は指で触ってもザラザラしているので、直ぐ発見できると思います。ただ、膣内の性感帯は、個人差がやはりあり、Gスポット付近にザラザラした膣壁がほとんど無かったり、反対側(アナル側)に性感帯があるケースもあり、クリトリス同様に個人差がある事を認識してください。
スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 愛撫の方法 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舐め犬メイの愛撫の方法②
2012-07-29 Sun 10:00
一般的に上から、キス->バスト->下半身と愛撫していくと思いますが、メイはパートナーによって、愛撫されて好きな体のパーツを、丹念に愛撫します。
どこが愛撫されて好きなのかは、本人以外わかりません。聞くしかありません!!
バストと女性器は、性感帯なので間違い有りませんが、女性によっては、うなじ、脇、腰骨付近、背中、ヒップ、アナル、太もも、手の指や足の指が好きな女性もいます。パートナーの好きな体の部位を丹念に愛撫しながら、女性器にたどりつき、大陰唇を愛撫しながら、小陰唇に至ります。
小陰唇を丹念に愛撫すると、小陰唇の一部にザラとして感触をした箇所があります。そこが小陰唇の一番敏感な箇所なので、丹念に愛撫します。(ほとんどの女性は有ります)小陰唇の愛撫に時間をかけて、早くクリトリスを愛撫してほしいと目で訴えかけられるくらい時間をかけてから、愛撫の中心をクリトリスに移していきます。クリトリスの感じかたも個人差がかなりある為、いつも同じような愛撫では、パートナーによっては物足りなさを感じてしまうケースがあります。
小さいクリトリスでも舐める場所、舐める強さ、舐め方(上下、左右、舌の動かし方の大小)によって、パートナーの反応は千差万別なので、可能であればパートナーに理想の愛撫の仕方を、教えてもらいながら、逝って貰えるまで、舐め続けます。
別窓 | 愛撫の方法 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舐め犬メイの愛撫の方法①
2012-07-29 Sun 09:51
自己紹介の中で、「男性がパートナーに対して、エッチの事で何でも言える環境を作る事」が一番重要ですと書かれていますが、とても抽象的な表現なので、では実際どうするの? を書きます。
性行為の前に~
ホテルや個室に入って、二人だけになって初めてエッチをする時、彼女であればキスをして服を脱ぐ前に自分の弱点を、彼女に自分から告白しましょう。(性器のサイズ、遅漏、早漏等)
ちなみに、メイは遅漏ぎみです。理由はあります、パートナーが逝ってから射精をしようと長い時間膣内に入れていると、性器が膣に鈍感になってしまいます。パートナーにもよりますが、逝った後あまり長く男性器を挿入していると、苦痛を感じてしまう女性が多い為、射精できる時間が限られてしまうため、射精しない事が多いです
初めに告白しておけば、精神的なプレッシャーも無くなり、パートナーと相談して改善策を探すことできます。
別窓 | 愛撫の方法 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
メイの性履歴と現在に至った経過
2012-07-29 Sun 08:02
初めて、女性とエッチをしたのが17の頃でした。相手は一つ年上で、僕が3人目の男性でした。初めは誰でも同じだと思いますが、その頃の僕は彼女が僕のエッチをどう思っているかなんて、何も考えていませんでした・・・
今のメイから見たら「自分が気持ち良い」それだけがエッチの目的で、彼女への配慮はゼロでした。
数ヵ月後、彼女から「痛いからメイとはもうエッチしたくない」と告白され、それが主原因で破局を迎えました。
その後、数年間自分の性行為に自信が持てなくなり、彼女が出来てもなかなかエッチしない奥手の男となってしまいました。
3年後、変わるきっかけを僕にくれたのが、年上の風俗嬢のみなさんでした。彼女と別れた直後、寂しさから女性の体だけを求め風俗で遊ぶと、エッチの流れの中で、メイの性行為の未熟さを上手に指摘して貰ったのです。その時に初めて付き合ったか彼女が何を求めていたのかも理解することができました(遅い~)・・・
メイの男性器は、日本人の平均より長さも太さも大きく、力任せにピストン運動をしてしまうと、ほとんどのパートナーは苦痛を感じてしまいます。性行為で一番大切の事は、テクニックでは無く「男性がパートナーに対して、エッチの事で何でも言える環境を作る事」だとメイは思っています。
残念ながら、このような対話を実践されている日本人男性は少数派で、女性がこのような男性を探すのはとても難しい環境だと思います。メイは、「舐め犬」という隠語を最近ネットで知りましたが、メイの性行為とほぼ同じな為、プログ名を「舐め犬メイの御奉仕体験談」とさせて頂きました。
たぶん、このプログに辿りついた方は、もっと生生しい文章を期待していると思いますが、経験談に入れば期待通りになると思います(笑)
別窓 | 自己紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
はじめまして
2012-07-28 Sat 19:48
このプログに興味を持って頂いてありがとうございます。
サイトを立ち上げるきっかけは、僕を舐め犬(バター犬)として使って頂いているパートナーより「メイは貴重な存在よ!!」と感謝され、まだまだ日本では女性が充実した性生活を過ごす環境が乏しい事を痛感し、微力ではありますが啓蒙活動の一環として、僕の体験談を一人でも多くの人に読んで頂ければと思い、このプログを立ち上げました。
これから、少しづつ経験談をアップしていきますので、よろしくお願い致します
別窓 | 自己紹介 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| 舐め犬メイの御奉仕体験談 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。